蝶 – ちょう

蝶 = CHOU
音:ちょう

漢字「蝶」の読み「てふ」が転じて「ちょう」の説。
古くは「かわひらこ」と呼ぶ。

河原でひらひら飛ぶことからの説。
コウモリの古語「かわほり」の小さいものの説。

河原でひらひら飛ぶが有力。

そもそも「蝶」と「蛾」の区別がない可能性も。

蝶は羽を立てて止まることから「揚羽蝶」の説。
蛾は羽を伏せて止まることから「伏せ蝶」の説。