北見 – きたみ

北見 = KITAMI
音:きたみ
 
アイヌ語源ではなく探検家の松浦武四郎が名付けた和語。
北海岸から北の一字を、快晴の日には樺太島が見えるので「北見」(きたみ)の説。
 
「野の端」の意味のアイヌ語「ヌプゥシケシ」が転じた説は誤り。