弟子屈 – てしかが

弟子屈 = TESIKAGA
音:てしかが
 
「岩が川を横断しているところ」の意味のアイヌ語「テシカガ」が転じた説。
「岩磐の上」の意味のアイヌ語「テシカ・ガ」が転じた説。
「岩の上」の意味のアイヌ語「テシュカガ」が転じた説。
「鮭をとる梁の罠」の意味のアイヌ語「テシカ・カ」が転じた説。

標茶 – しべちゃ

標茶 = SIBETYA
音:しべちゃ
 
「大きな川のほとり」の意味のアイヌ語「シペッチャ」が転じた説。
「大川端の丘陵」の意味のアイヌ語「シプッチャ」が転じた説。

厚岸 – あっけし

厚岸 – AKKESI
音:あっけし
 
「オヒョウニレの樹皮を剥がす所」の意味のアイヌ語「アッケウシイ」が転じた説。
「カキのいるところ」の意味のアイヌ語「アッケシイ」が転じた説。

釧路 – くしろ

釧路 = KUSIRO
音:くしろ
 
「通り抜けることの出来る川」の意味のアイヌ語「クシベツ」が転じた説。
「通り抜けることの出来る川」の意味のアイヌ語「クシナイ」が転じた説。
「腕輪」の意味のアイヌ語「クスリ」が転じた説。
「温泉」の意味のアイヌ語「クスリ」が転じた説。
「通る路」の意味のアイヌ語「クシュ・ル」が転じた説。
「沼口」の意味のアイヌ語「クッチャロ」が転じた説。
「咽喉」の意味のアイヌ語「クッチャロ」が転じた説。

浦幌 – うらほろ

浦幌 = URAHORO
音:うらほろ
 
「川尻に大きな葉が生育するところ」の意味のアイヌ語「オーラポロ」が転じた説。
「大きな網代」の意味のアイヌ語「ウライポロ」が転じた説。
 

陸別 – りくべつ

陸別 = RIKUBETU
音:りくべつ
 
古くは「驪群別」と書く。
 
「鹿のいる川」の意味のアイヌ語「リクンベツ」が転じた説。
「危ない高い川」の意味のアイヌ語「リクンベツ」が転じた説。

足寄 – あしょろ

足寄 = ASYORO
音:あしょろ
 
「沿って下る川」の意味のアイヌ語「エソロペツ」が転じた説。
「沿って下る川」の意味のアイヌ語「アシュロペット」が転じた説。