八戸 – はちのへ

八戸 = HATINOHE
音:はつのへ
 
平安時代の蝦夷地経営のための管理区分として、一戸から九戸を割り振った説。
ただし、近代まで 二戸、六戸、九戸は欠番とのこと。