三芳 – みよし

三芳 = MIYOSI
音:みよし
 
美しい葦の生える野の意味で「美葦野」(みよしの)が転じた説か。
 
伊勢物語の「三芳野の里」(みよしののさと)の初出とされる。

足立 – あだち

足立 = ADATI
音:あだち
 
池沼が多く、葦が立ち繁る様から「葦立」(あしだち)が転じた説。
 
古くは「阿太知」(あだち)の記述あり。
葦立説ではない可能性あり。
 
東京の足立区と同語源。

白岡 – しらおか

白岡 = SIRAOKA
音:しらおか
 
正福院貝塚が太陽の光で白く見えた丘の意味で「白丘」(しらおか)が転じた説。
慈覚大師が「白鳩の住める白い岡」と称したことから「白岡」(しらおか)の説。
古代は海岸だったことから、丘に白波が打ち寄せる様から「白丘」(しらおか)が転じた説。