葛飾 – かつしか

葛飾 = KATUSIKA
音:かつしか
 
元は江戸川流域の広い地を指す地名。
 
葛の多く生えた「葛繁」(かつしげ)が転じた説。
崖を意味する「かつ」と、砂州を意味する「しか」で、「かつしか」の説。
低湿地を整備して集落のための水門を置いたことから「門敷」(かとしき)が転じた説。
砂地の所の意味で、「方洲処」(かたすか)が転じた説。
 
東京に同名の地名あり。