香取 – かとり

香取 = KATORI
音:かとり
 
古くは「鹿取」の記述あり。
 
湿地が多いことから「舵取」(かじとり)が転じた説。
湿地が多いことから「楫取」(かじとり)が転じた説。
湿地が多いことから「梶取」(かじとり)が転じた説。
 
湿地に棲む鳥から「神取」(かんとり)が転じた説。
鹿が捕れたことから「鹿取」(かとり)が転じた説。
 
葛を採ることから「葛取」(かつとり)が転じた説。
「葛」(かつ)は漢音読み故に可能性は低いか。
 
絹織の「縑織」(かとりおり)が転じた説。
 
古くより香取神社があり「神集」(かんづまり)が転じた説。
経津主命が邪神を平定したことから「勝取」(かちとり)が転じた説。