立川 – たてかわ

立川 = TATEKAWA
音:たてかわ
 
多摩川の早い水流の瀬に由来し、「湍川」(たぎちかわ)が転じた説。
 
国府前を東西に流れる多摩川を、日の経の川と呼んだことから「経川」(たてかわ)が転じた説。
多摩の横山から見て多摩川が南北、縦の方角に流れていたことから「縦川」(たてかわ)が転じた説。
普済寺の館に由来し、「館川」(たちかわ)が転じた説。
普済寺に城を作った立川氏に因んで「立川」(たてかわ)の説。
台地の下を流れる川の意味で「台地川」(たちかわ)が転じた説。
 
経の川は東にある川とする東の川説があるが、意味が不明。