小金井 – こがねい

小金井 = KOGANEI
音:こがねい
 
水が乏しい地だったことから、黄金並みの価値のある水が沸く井戸の意味から「黄金井」(こがねい)が転じた説。
府中の士豪の金井家の分派が住んだことから「小金井」(こかねい)の説。
 
崖下に湧き水があったことから「壊縁井」(こわへりい)が転じた説。