日野 – ひの

日野 = HINO
音:ひの
 
武蔵国国府が府中にあった頃、烽火台があったことから「火野」(ひの)が転じた説。
日奉宗頼が天御中主神を日野宮権現として祀ったことから「日野」(ひの)の説。
日野中納言資朝の玄孫にあたる宮内資忠が、土淵ノ庄に移住して名付けた「日野」(ひの)の説。
桧の多い野だったことから「桧野」(ひの)が転じた説。
水路がめぐらされた野だったことから「樋野」(ひの)が転じた説。