あきる野 – あきるの

あきる野 = AKIRUNO
音:あきるの
 
古くは「秋留」(あきる)と書く。
 
平安時代、阿伎留神社があったことから「阿伎留」(あきる)が転じた説。
阿伎留神社の阿伎留は、「畔切」(あぜきる)が転じた説。
 
水田を開拓したことから「畔切」(あぜきる)が転じた説。