小笠原 – おがさわら

小笠原 = OGASAWARA
音:おがさわら
 
信州深志城主の小笠原定頼が発見したことに由来し、名を取って「小笠原」(おがさわら)の説。
ただし、記録にない。
 
江戸時代は「無人」(むにん)と呼ばれていた。

御蔵島 – みくらじま

御蔵島 = MIKURAZIMA
音:みくらじま
 
島の中央の山を神と崇めて「神鞍」(みくら)が転じた説。
伊豆諸島の創造神である三島明神の御蔵があったことから「神蔵」(みくら)が転じた説。
近くの黒潮の色から「海暗」(うみくら)が転じた説。

三宅 – みやけ

三宅 = MIYAKE
音:みやけ
 
島のかたちを家3つに見立てて「三宅」(みやけ)の説。
社が12もあることから「宮家」(みやけ)が転じた説。
火山の噴火が多いことから「御焼島」(みやけ)が転じた説。