大館 – おおだて

大館 = OODATE
音:おおだて
 
平安時代の公家が大きな館を築き、当地を守ったことから「大楯」(おおたて)が転じた説。
室町時代に大きな館を多く建てられたことから「大館」(おおだて)の説。

能代 – のしろ

能代 = NOSIRO
音:のしろ
 
かつては「野代」(のしろ)と呼ばれる。
さらに以前は「渟代」(ぬしろ)と呼ばれる。
 
「台地上の草原地」の意味のアイヌ語「ヌプシル」が転じた説。

鬼首 – おにこうべ

鬼首 = ONIKOUBE
音:おにこうべ
 
現地の豪族が首を取られた地であることから「鬼首」(おにこうべ)の説。
「小さな川が集まって大きな川になる所」の意味のアイヌ語「オニカペツ」が転じた説。