品川 – しながわ

品川 = SINAGAWA
音:しながわ
 
品が集まる目黒川近辺の意味で「品川」(しながわ)の説。
目黒川が大きく曲がっていることから「しなり川」(しなりがわ)が転じた説。
 
高輪に対して品の良い地の意味で「品ヶ輪」(しながわ)が転じた説。
鎧の部品の生産地だったことから「品革」(しながわ)が転じた説。
 
鎌倉時代から室町時代に治めていた「品河」(しながわ)氏が転じた説。
品河氏が治める前から品川と呼ばれていたので、最も可能性は低い。

墨田 – すみだ

墨田 = SUMIDA
音:すみだ
 
隅田川の「隅田」(すみだ)が転じた説。
 
荒川河口の隅であることから「隅田」(すみだ)の説。
荒川河口の砂地から「州田」(すだ)が転じた説。

千代田 – ちよだ

千代田 = TIYODA
音:ちよだ
 
かつて江戸城が千代田城と呼ばれていたことから、合併時に命名。
永く栄える田という瑞祥的な意味で「千代田」(ちよだ)の説。