慈姑 – くわい

慈姑 = KUWAI
音:くわい

正しくは「くわゐ」と呼ぶ。
今は黒慈姑と呼ばれる「烏芋」のこと。

形状が鍬に似てる芋で「鍬芋」(くわいも)が転じた説。

葉が藺草に似ており食える藺草の意味で「食藺」(くえい)が転じた説。
可能性高い。

里芋 – さといも

里芋 = SATOIMO
音:さといも

里で栽培される芋の意味で「里芋」(さとうも)の説。
室町時代末期からの総称。

室町時代末期以前は「家芋」(いえつうも)などとも呼ばれる。

蕗 – ふき

蕗 = FUKI
音:ふき

古くは「ふふき」と呼ばれる。

「葉広茎」(はひろくき)が転じた説。
「広葉茎」(ひろはくき)が転じた説。

葉が大きく風に触れる様から「葉吹き」(はふき)が転じた説。
葉が大きく風に触れる様から「風吹き」(ふふき)が転じた説。

冬に黄色い花が咲くことから「冬黄」(ふゆき)が転じた説。

用便の後に葉で尻を拭いたことから「拭き」(ふき)の説。

葉が大きく傘などに用いたことから「葺く」(ふく)が転じた説。
「葉葺く」(はふく)が転じた説。

うまふき – うまふき

うまふき = UMAFUKI
音:うまふき

牛蒡(ごぼう)の古い呼ばれ方。

馬が好んで食べた蕗の葉に似た草の意味で「馬蕗」(うまふき)の説。
蕗に似た葉の旨い草の意味で「旨蕗」(うまふき)の説。

「旨ふ蕗」(うまふふき)の呼び方があるので「旨蕗」の説か。

牛蒡 – ごぼう

牛蒡 = GOBOU
音:ごぼう

古くは「牛蒡」(ごばう)と呼ぶ。

漢語「牛蒡」(ごばう)の説。

古くは「キタキス」「ウマフフキ(ウマフブキ)」と呼ばれていた。

蓬 – よもぎ

蓬 = YOMOGI
音:よもぎ

ますます萌え茂る草の意味で「弥萌茎」(よもえくき)が転じた説。

よく燃える草の意味で「弥燃茎」(よもえくき)が転じた説。
モグサの材料であるが、可能性は低いか。

蘿蔔 – すずしろ

蘿蔔 = SUZUSIRO
音:すずしろ

涼やかな白い根の様から「涼白」(すずしろ)の説。
清々しい白い根の様から「清白」(すずしろ)の説。

菘に代わるものの意味で「菘代」(すずしろ)の説。
可能性高い。

菘 – すずな

菘 = SUZUNA
音:すずな

「細小菜」(ささな)が転じた説。
可能性は低い。

花が鈴生りな様から「鈴花菜」(すずはなな)が転じた説。
可能性は低い。

錫製の丸い容器に似た様から「錫菜」(すずな)の説。