成田 – なりた

成田 = NARITA
音:なりた
 
「平処」(なりた)の説。
雷が多いことから「鳴田」(なりた)の説。
稲が良く採れることから「熟田」(なりた)の説。
開墾業で拓かれたことから「業田」(なりた)の説。

野田 – のだ

野田 = NODA
音:のだ
 
原野に水田が開かれたことから「野田」(のだ)の説。
水田の意味で「泥田」(ぬた)が転じた説。
湿地の意味で「にた」が転じた説。
 
岩手に同名の地名あり。

木更津 – きさらづ

木更津 = KISARADU
音:きさらづ
 
日本武尊の逸話から「君去らず」(きみさらず)が転じた説。
如月の港の意味で「如月津」(きさらぎつ)が転じた説。
「木足らず」(きたらず)が転じた説。
浸食されやすい海岸の港の意味で「きさ」から「きさら津」(きさらつ)が転じた説。

船橋 – ふなばし

船橋 = HUNABASI
音:ふなばし
 
海老川の河口に小舟を並べ、板を渡して橋にしたことから「船橋」(ふなばし)の説。
台地の端をいう地名で、「端端」(はなはし)が転じた説。

市川 – いちかわ

市川 = ITIKAWA
音:いちかわ
 
古くは「市河」とも書く。
東国一の川の意味で「一の川」(いちのかわ)が転じた説。
定期的に川舟が集まって市が開かれたことから「市川」(いちかわ)の説。
急な崖のある川の意味で、「厳川」(いつかわ)が転じた説。

銚子 – ちょうし

銚子 = TYOUSI
音:ちょうし
 
河口の地形が酒器の銚子に似ていることから「銚子」(ちょうし)の説。
古くは「三前」「三崎」((みさき)と呼ばれていた。